自転車保険加入の義務化の動向について説明します

自転車保険 義務化

自転車保険 義務化

ひょうごのけんみん自転車保険

自転車による深刻な事故が問題視されて自転車保険が注目されるようになりましたが、自転車保険の加入を義務化していこうという流れが出てきました。

全国ではじめて自転車保険の加入を条例で義務化したのは兵庫県です。したがって兵庫県内で自転車を購入しようとすると自転車保険に加入することが前提になってきます。例えば自転車の購入理由で多いのが、高校生などの通学で購入する場合は、保護者が自転車保険に加入するように促されます。また会社や仕事などで自転車を使うという場合もあります。その場合は企業が自転車保険に加入することになります。

ただしこの条例に違反しても罰則はありません。しかしレンタルサイクル業者や自転車販売業者は、購入者や利用者に自転車保険の加入の有無を確認して、加入をすすめることが義務付けられています。

兵庫県では、兵庫県交通安全協会が「ひょうごのけんみん自転車保険」というものを創設しています。「ひょうごのけんみん自転車保険」というのは、自転車会員のみが加入することのできる共済で、賠償責任補償額が1億円と高額な保険です。

プランはA、B、Cに分かれており、賠償のみ、本人補償指定プラン、家族全員を補償するプランにわかれています。ちなみにAプランは、自転車会員の年会費・制度運営費を込みで600円となっており、au損保の自転車保険やDeNAの自転車保険よりも保険料は割高です。

大阪府でも自転車保険の加入を義務付ける条例案が!

■この流れが全国に広がる可能性も?

自転車保険の重要性は強く認識されるようになりましたが、自転車保険の加入の義務化を徹底される雰囲気にはなっているとはいえません。現在、自動車の任意保険の加入の普及は行き届いています。それは自動車を任意保険の加入なしに道路を走ることがどれだけ危険かということがよく認識されているからです。

自動車の自賠責保険は強制加入ですが、任意保険はあくまでも任意の保険です。しかしほぼすべての自動車ユーザーが加入しているといわれています。自賠責保険でまかないきれないもしものときの賠償金をそこで捻出するためです。

自転車保険がまだ一般に浸透していないのは、自転車で事故を起こしたときに高額の賠償が発生するという実感が自転車というソフトな乗り物には持ちにくいことが挙げられます。 自転車は自動車のように重量物ではないし、エンジンでものすごく速く走ることもできないからです。

しかし実際の自転車による死傷事故では、裁判で高額の賠償が言い渡されることも増えています。具体的には9000万円以上の賠償命令が下ることも多く、自転車保険に加入していなかったためにそれが支払えないという事態に陥る可能性があります。

そういったリスクを打ち消すためにも、兵庫県のように自転車保険の加入を義務化することで自転車保険の加入率を高めることができるのではないかと思います。そうすることでもしもの事故に備えることができるのです。万が一、自転車事故で誰かをケガさせてしまったり、死亡させてしまったという不幸な結末になっても被害者や遺族の救済や加害者の経済的負担も解消するために重要なことといえるでしょう。

2016年に入ると兵庫県につづいて大阪府でも自転車損害賠償保険の加入を義務付ける条例案が提出されました。大阪では自転車保険の加入率が40パーセントと比較的高いですが、より自転車保険の充実に向けて動き出しています。

このように兵庫、大阪を皮切りにこれから全国的に自転車保険の加入の義務化の動きが活発になるものと思われます。たとえ、現状で義務化されてない都道府県の市民にとってももしものときに備える自転車保険に加入しておくことはけして悪いことではありません。

今後も自転車保険加入の義務化の動向を注視していきましょう。